アーカイブ

2/16時点

2/16の勉強成果!

プロセスの生成、監視、終了(28)

viを使った基本的なファイル編集(43)

だったので、71問やったことになりますね!

20160216_1

 

 

 

 

 

 

 

 

でもプロセスのほうがとっつきにくかった気がします。ここまでやったらこんな感じ。

20160216_new2

 

44%!!

101試験の半分はGNUとUnixのコマンドなんですね。

あずき本に載ってる重要度を参考にしながら重要度の高いものからやっています。

・コマンドラインでの操作

・基本的なファイル管理

・ストリーム、パイプ、リダイレクト

・プロセスの生成、監視、終了

が重要度4だったので再優先しました。

 

あとはさささっと残り半分やって、あと金にして、出来ればWeb版のコマ問をやりたい。

合格体験記にはスピードマスター問題集が役立った人が多い気がしますが、レベル1はなんとかping-tだけで行けないものか・・・ううむ。皆さんの勉強期間とか見ても結構短期間でやっているのね・・・と思いつつ、今月中に101試験受け・・・たい受けたいんだ!

 

申し込んだら私、15000円のために必死モード入る・・・気もする。

目標値大事!

あああでもちょっと申し込むの怖い。

 

も、目標値大事!!

 

 

 

 

 

 

LPIC勉強法

画像加工できたー!(スマホでですが・・・。)

 

こちゃこちゃと実践しながらメール問題を解いていましたが、パソコンと向き合えないと出来ない&期間をあけると忘れるという点により、勉強方法を変えることにしました。

 

その方法はズバリ暗記!私の大嫌いな暗記!

英単語とか覚えるのホント頭に入らなかったんですよね・・・。どうも理解しないと頭に入らない派なので絶対無理だと思っていましたが、要は理解しながら詰め込むペースを上げれば良いわけで。

それで今使っているのがPing-tというIT支援学習サイトの最強WEB問題集。

モバイル版を今通勤時間にやっているのですが、回答ページを下にスクロールすると解説が見られるので理解しながら解くことができます!

 

2/9の段階でこんな感じ。

20160209

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2/10

20160210

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ終わらせて、全体の7%くらい・・・。

銅から始まり、正解すると銀に、また正解すると金にランクが上がっていきます。とりあえずは全部銀にする作戦!(チェックで選んだ項目内の問題が10問ずつランダムで出る中、正解しないと銅のままなので、覚えられていないものは何度もやってやっと銀に・・・。)1度に何問ずつ出題するかは5問~Allの間で選べます。

2/10時点では20%銀になりました!

 

20160210_2

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今日。2/11

20160211_2

 

 

 

 

 

 

 

 

20160211_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

33%! 1日10%進めると10日で一通り銀になる計算。金が遠い・・・。でも、10%ってなかなか厳しくて「はい次!はい次!」ってやっていながらイマイチ知識が紐付けられてない気しかしないですがどうしよう。あと、そろそろコマンドオプションが混ざること混ざること。

初回は意味不明なのでとりあえず解説だけ読んで次へボタン押しているので、正答率10%とかあります。だんだん上がっていくものの間違えるものはいつも間違える・・・!でも間違えるものほど何回もやり直してるから定着はしやすいかも。

 

この問題集、101試験分は無料コンテンツなので存分に使い倒すべし!!

Ping-tに登録していると、受験料が1試験あたり1000引き、レベル1(101試験と102試験)で2000円引きのチケットがあるらしいので、利用しようと思いつつ勉強中です。高いから一発で受かりたい頑張る・・・!

LPIC問題 その2.5

LPIC:LPIC1:101:103.8 viを使って基本的なファイル編集を行う:重要度4
viを使用している。行番号を非表示にしたい場合、コマンドモードで入力すべき適切なものを選びなさい。

A :set nonu
B :unset number
C :unset nu
D :number=no

続きを読む

LPIC問題 その2

:LPIC:LPIC1:101:103.8 viを使って基本的なファイル編集を行う:重要度4:
viを使用している。行番号を表示させたい場合、コマンドモードで入力すべき適切なものをすべて選びなさい。
A :n
B :N
C :set nu
D :set number
E :set no

続きを読む

viの文字化けを直すの巻2

さて。さてさて。

 

昨日直せたのでこれで日本語でメモができるはず!

勉強しようと思ったら眠くなる不思議現象いつもおきるけれど。しかしメモ書き1つ試すくらいはできるだろう、30分で終わらせて速攻寝るんだ私。

 

「・・・・・・・・・。」

 

・・・どうして設定Cに戻ってるんですかね!これって一時的なもので毎回設定しないといけないんですかね!

めんどくさいけどしかし練習だと思えばいいのか何なのか!

 

作りましたよ日本語で!

(うーん、作ったの貼れたらいいのに。)

これを元にLPIC問題その2を考えたいと思います。問題にとりかかるまでの脱線が長いけど泣かない!

 

 

 

viの文字化けを直すの巻

やったこと覚書。

どうやらTera Termの文字コード設定と、Cent OS側の文字コード設定が一緒になっていないと文字化けするようですφ(..)メモメモ

 

まずはTera Termの設定を確認。設定タブから端末を選択。

→送信、受信ともにUTF-8でした。

 

続いてCent OSの設定を確認。echo $LANGと入力。

→Cと出ました。

こやつを変えてみたいと思います。

 

extern LANG=ja_JP.UTF8

==> -bash: extern: command not found

 

うーん?externってコマンドはないのかな?Cent OSの書き方はこうじゃないのかな?むむむ。

 

あ、externなしでよさそう。LANG=ja_JP.UTF8を実行。

==> ja_JP.UTF8

 

おお!変更できた!むふふ(ΦωΦ)

次は文字化けしないかの確認をしてからバックグラウンドの停止を試してみよ~

 

 

 

 

壊したかと思った・・・。

最近ちょっと勉強熱上がってます。(そうは言ってもここ2日ほどですけどね!3日の壁がありますけどね!)

次のLPIC問題2がviの問題だったのでテキストファイル作ってみようと思ったはいいがしかし。

文字化けするわエラーは出るわで私これ絶対何かやらかした気しかしません、どうしてこうなった。

 

でも1つだけ覚えた。

Shift + zz ( つまり ZZ)は保存。

Ctrl + z          は一時停止。

 

Σ(゚д゚)エエエエエエ!

ずっと保存保存!と思って一時停止してましたよ!

 

いつもパソコンを使うときはどれが動いてて止まっててって全然意識してないけど、保存したつもりでバックグラウンド停止してたのか・・・。

原因が分かったので明日はわざとバックグラウンド持ってってフォアグラウンドに戻してきてみよーっと。

 

 

 

LPIC問題 その1

[101試験]ファイルおよびディレクトリを管理するための基本的なLinuxコマンドを使用する(重要度4)

カレントディレクトリ内のsampleディレクトリおよびそのサブディレクトリとファイルをすべて削除する場合に、実行すべきコマンドとして適切なものを選びなさい。

A rm -r sample
B rm -R sample
C rm -rf sample
D rm –all sample

 

考え方のネタバレはクリッククリック!

続きを読む