アーカイブ | 2016年1月12日

viの文字化けを直すの巻

やったこと覚書。

どうやらTera Termの文字コード設定と、Cent OS側の文字コード設定が一緒になっていないと文字化けするようですφ(..)メモメモ

 

まずはTera Termの設定を確認。設定タブから端末を選択。

→送信、受信ともにUTF-8でした。

 

続いてCent OSの設定を確認。echo $LANGと入力。

→Cと出ました。

こやつを変えてみたいと思います。

 

extern LANG=ja_JP.UTF8

==> -bash: extern: command not found

 

うーん?externってコマンドはないのかな?Cent OSの書き方はこうじゃないのかな?むむむ。

 

あ、externなしでよさそう。LANG=ja_JP.UTF8を実行。

==> ja_JP.UTF8

 

おお!変更できた!むふふ(ΦωΦ)

次は文字化けしないかの確認をしてからバックグラウンドの停止を試してみよ~